【とにかくあなたの話を聞く会①】潜在意識での『視点』の違い

この記事は4分で読めます

こんにちは、復縁ドッグです。

さっき、【とにかくあなたの話を聞く会】が終了しましたので、

感想を書いていきたいと思います。

 

今回、【とにかくあなたの話を聞く会】に参加された

池田(仮名)さんは、スカイプセミナーも、実践会にも

参加された、男性の方です。

 

復縁ドッグとの、メールのやり取りも合計50通以上している方でしたが、

やっぱり、直接、お話しする方が、状況が分かりやすかったですね。

 

 

前日のメールでは、「何を話したらいいのかわかりません。」

と、書いてありましたが、いざ、スカイプがはじまると思いのたけを、

打ち明けてくれ、苦しんでいる様子が、痛いほど伝わってきました。

 

ちなみに、こちらが、前日、

送られてきたメールです。

 

池田(仮名)さんのメールより抜粋↓

復縁ドッグ様

 

私も小学生の時からサッカーをやっておりました。なので復縁ドッグさんの説明なんとなくわかる気がします。

 

スカイプ、私でいいのでしょうか?申し込んで見たものの正直、何を話したらいいのかわかりません。

辛いこと、悲しいこと、ネガティブな話題ばかりになってしまいそうです。

 

 

今回は、『聞く』に徹した会でしたので、池田(仮名)さんに、

悩んでいることや、ネガティブな辛い胸の内を、これでもかって話してもらいました。

 

彼女さんとの出会いから、別れ、そして、別れた後の状況や、

彼女さんが発した言葉など、細かい部分まで聞くことができましたので、

それに応じた、アドバイスができたと思います。

 

出会いから、どのように彼女さんと付き合っていったのかを、

段階的に知ることが出来ましたので、どのようにして、彼女さんの気持ちが

変わっていってしまったのかが見て取れました。

 

また、それによって、

本当の別れの原因とは何なのか?

今後、どういう自分になれば良いのか?

 

この辺りの話まで、具体的に、話し合えましたので、

池田(仮名)さんも、大分、気持ちもスッキリし、

前向きになれたようです。

 

 

池田(仮名)さんとの会話で、気になったのが、

復縁活動中の方の『視点』についてです。

 

当時の私も含め、復縁活動中の方は、物の見方というか、

話をする角度と言うか、何と言うか、それが、常に、一定方向からでしか、

見れていないということです。

 

例えば、池田(仮名)さんの場合は、一度は見限られてしまいましたが、

協力者してくれそうな方がいるんです。

 

その方との接触の仕方が、1つの悩みだったのですが、

池田(仮名)さんは、どうやったら、協力者から、彼女へと繋げていくかしか、

考えられていないのです。

 

言い方を悪くしてしまうと、常に、自分視点なんです。

 

 

まあ、置かれた環境が環境ですので、無理もないことだと思います。

当時の復縁ドッグもそうでしたし、復縁活動中の方の多くは、そうなりますので、

池田(仮名)さん、責めている訳ではありませんよ。

 

ですが、協力者さんも人間なんです。

 

元カノへの繋ぎだけで、接近していてもそういった態度は、

相手に見抜かれてしまうんです。

相手も人間ですので、繋ぎだけで接近されていることが分かったら、

やっぱり、嫌なんですよね。

 

これを、もっともっと、悪いたとえをするならば、

体目的に寄ってくる、ナンパ男と同じ原理なんです。

(重ね重ねですが、池田(仮名)さん、責めている訳ではありませんので、

その点は、誤解のないようにして下さい。)

 

それでは、協力はしたくないと思います。

 

 

 

では、どうすればいいのか?

そこを考えられるようにするには、

恋愛レベルを上げるしかないのですが、

抽象的な言い方で紹介すると、

『1人の人間として付き合う』ということです。

 

 

元カノ、元彼との復縁の為に、接触するのではなく、

1人の人間として、人間関係を築いていくのです。

 

あなたとの関係が、より強固になればなるほど、

本当に、あなたのことが好きになってくれればなるほど、

嫌でも、あなたの良さを、協力者の周りの人間に、撒いてくれくれますし、

結果的に、元彼、元カノへのアピールに繋がるのです。

 

 

ですが、それをすっ飛ばして、味方になってもらうことばかり考えてしまうとどうなるのか?

 

それは、不自然な形の協力となってしまい、

極端な話、協力して欲しいと頼んだことがバレテしまい、

「私の友達に会わないで!」なんてことになってしまうのです。

 

実際、そういう方も、結構、いらっしゃいます。

 

 

この視点、実は、池田(仮名)さんとの色々な話の中で、

垣間見えたのですが、会の終わりに、池田(仮名)さん自身も、

この視点に関しては、固定されてしまっていたと、実感できたようです。

 

繰り返しになりますが、

 

この考えが理解できただけでも、

恋愛レベルは上がりますよ。

 

この考えは、第三者の協力の場面に限ったことではありませんからね。

 

何だかんだで、池田(仮名)さんとは、

2時間ほど、スカイプで話をしましたが、色々な視点で

物を見れる能力は、復縁に限らず、大事なことだと思います。

 

自分の発する言葉などを、注意深く観察しながら、

一度、自分の視点を、チェックしてみるといいと思います。

そうすることで、また違った世界が、見えるようになると思います。

 

また、【とにかくあなたの話を聞く会】は、随時、開くと思いますので、

いつも送っているメルマガをチェックしていて下さいね。

 

復縁ドッグ

 

この記事を読んでいる人は以下のカテゴリー記事も読んでいます。

1年2カ月復縁ドッグ復縁体験談
復縁ドッグスカイプセミナー
復縁ドッグによる復縁基礎講座
復縁結婚カップル対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • UM
    • 2015年 5月24日

    復縁ドッグ様、いつもわかりやすくてあたたかい、全力の言葉をありがとうございます。

    「協力者が大事」、とは7stepでも強く言われていることですが、今回の相談者の方への助言を拝見して、目からうろこが落ちました。自分は「協力者が大事」ということの意味を、「第三者から良いうわさを聞くと、相手に訴えかける力が強い」とか、「相手の近況などの情報を得ることができる」というメリットがあるので、“状況を話して協力をあおぐ”ために大事なのだ、と理解していました。自分の場合は周りの人には言えない関係であるため、漠然と、「共通の友人から偶然良い話が伝わってくれることを期待するしかないな。」と消極的に考えていました。しかし、今回の内容から、意図して協力者を利用するのでなく、共通の友人であろうがなかろうが、どの人とも「1人の人間として、人間関係を築いて」いけば、思いがけない巡り合わせに恵まれるかもしれない、ということに気づきました。
    “あなたとの関係が、より強固になればなるほど、本当に、あなたのことが好きになってくれればなるほど、嫌でも、あなたの良さを、協力者の周りの人間に、撒いてくれますし、結果的に、元彼、元カノへのアピールに繋がるのです”。
    誰にも胸の内を明かせない自分でも、思いもしなかった「協力者」に協力してもらうことはできるのだな、と、あらためて理解できました。

    お体に気を付けて。今後とも我々の善き理解者、助言者であって下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:復縁ドッグ


恋愛レベルの向上なしに復縁はできない!

恋愛レベルの向上なしに夫婦の絆は作れない!

をモットーに、当サイトは運営されています。


1年2ヵ月の歳月を費やし、

自力で復縁に成功した復縁ドッグは

現在、復縁した彼女と結婚し

幸せな家庭を築いています。



→復縁ドッグによる前10回復縁メール講座



→復縁ドッグの10年以上に渡る復縁日記



→復縁に欠かせない基礎知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

復縁オンライン講座





このブログが役に立った人はワンポチお願いします(‘◇’)ゞ

youtube動画一覧