ドキドキしない気持ちが冷めたと言われ振られた場合の復縁方法

この記事は9分で読めます

こんにちは、復縁ドッグです。

私は元カノに「目が死んでいる」と言われ
振られましたが、その後、元カノとの復縁に成功し、
今ではその彼女と結婚しています。

このページでは、私が復縁サポートさせて
頂いている方からの、相談メールを見ながら、
3000人以上のサポート経歴の中で気付いた事や
自分の復縁体験で分かったことなど、

復縁成功に欠かせない知識を紹介しています。

 

今日のテーマは、元彼、元カノに、

『好きかわからない』『気持ちが冷めた』
『ドキドキしなくなった』

と言われて振られてしまった方や、
復縁活動を通じて、自分の気持ちが
分からなくなってしまった方に向けて、
お話ししていこうと思っています。

・好きかわからない
・気持ちが冷めた
・ドキドキしなくなった

もしあなたがこのワードにピンと来た場合は、
このページを読み進めて頂ければと思います。
では、はじめていきましょう。

※個人が特定されないように加工してあります。

 

 

頂いたメール抜粋↓

6月9日に彼と別れました。彼とは4年付き合いました。

彼は2個上で美容師をやっている社会人です。

私はこの3月に大学を卒業しました。

当時、彼には彼女がいましたが、
だんだん仲良くなるうちに彼女とは
別れて正式に付き合い始めました。

ケンカもたくさんしましたが、それでもお互いを思いやって
過ごしてきたと思っています。

しかし、4年経つにつれてうまれてくる
マンネリ化を感じるようになりました。
私は彼といるのは楽しくて幸せだったので、
これからも一緒に過ごしていくためには
マンネリ化を打破する必要があると思いました。

そう考えている時に、やはり彼のなんとなく冷めている態度や
私がいて当たり前と思っている姿勢が気になってしまい、

3月のはじめに

「私達の関係が冷めてきているのではないか?」
「このままではいけない気がする」

といった内容を彼に話しました。

私は彼が大好きだし、これからも過ごしていく為には
なあなあのままでは嫌だといったことを話しました。

彼はその時に、

「4年経って最初の頃のドキドキがなくなっている、
だから好きなのかわからない」と言ったのです。

ただ、その後も関係は変わらず、
彼は美容師ということもあって、
休みが不定期でしたが、
休みは私といたいと言ってくれました。

彼の休みに合わせて、彼と一緒に過ごしてきました。
しかし、とうとう11月10日の朝、
別れようと言われました。

「会っていてもドキドキしない。
だから、私のことが好きじゃないと思う。
自分の気持ちに嘘はつけない」

という理由でした。
私は泣きましたが、
わかったと言い笑顔でさよならしました。
彼はずっと泣いていました。
でも、なんで涙が出るかわからないと言っていました。

しかし別れてから1週間もたたないうちに、
SNSに彼は彼女とのデート写真を載せていたのです。
付き合ったそうです。

怒りが湧いてきましたが、
別れの原因をつくったのは私なんだと気づきました。
私自身、心のどこかで彼はいなくならないと
たかをくくってた部分があったのです。

ずっと私は彼に自分の価値観を
押し付けすぎてしまっていたと思います。

こういった原因を見つける事はできたのですが、
本当の理由はまだ奥底にあるのではないかと
考え始めました。

そして、復縁ドッグさんの記事を拝見して、
本当の理由がわからなければ
復縁はできないという内容に心を打たれました。

私は本当の理由をきちんと理解し、
受け入れ、変わりたいです。

私が変わらないと彼はもう一度
私を見てはくれないと思うんです。

長くなってしまいましたが、
こういった経緯を踏まえて
これから頑張っていこうと思っています。

新しい彼女もいるので、復縁までには時間がかかると思います。
一度決めたことをすぐに変える人ではないので、
私をもう一度好きになってくれるのかもわかりません。

でも、諦めたくないんです。
諦めたらそこで終わりだと思うんです。
誰よりもやっぱり彼が今は好きなんです。

なので、これから頑張っていきたいと思いますので、
よろしくお願いします。

 

はい、どうでしたか?

『ドキドキ感がない』
『だから、好きかわからない』
『気持ちが冷めた』

この女性もそういった理由で彼氏から
振られてしまいました。

ご本人は別れの原因を作ったのは
自分にあるとおっしゃっていましたが、
辛かったと思いますよ…。

 

別れてすぐに、彼が他の女性と付き合った。

4年も付き合った彼が、自分と別れた途端、
別の女性と一緒になった。

「自分達の4年は、いったい何だったのか?」
“怒りが湧いてきた”とも書かれていますので、
それが正直な、意見だとも思います。

 

 

この方がおっしゃる通り、
本当の別れの原因は、色々あると思います。
今回はそこにフォーカスは当てられませんので、
お話しはしませんが、確かに、

「心のどこかで彼はいなくならないとたかをくくってた」とか、

「ずっと私は彼に自分の価値観を押し付けすぎてしまっていた」

と書いてありますので、その辺り、この方の悪しき習慣とも

本当の別れの原因は絡んでいると思います。

 

 

しかし、

『ドキドキしなくなった』から、
『好きかわからない』と、
自分の気持ちに疑問を持つこと。

そして、『気持ちが冷めた』と
別れを切り出すこと。

この考え方、、、私は、
完璧に間違っていると思っています。

 

 

こういったことが理由で、
別れてしまうカップルを見ると、
やっぱり、悲しくなります…。

と同時に、

「この現状をなんとかせねば!」

そういった憤りも湧いてくるのですが、
なぜこの『ドキドキしなくなったから別れる』
が、間違っているのかというと、
理由は簡単です。

 

 

 

だって、ドキドキすることが、

好きな証拠ではないんですもの。

むしろ、ドキドキ感は、

求める恋をしている証拠でもあります。

 

 

 

求める恋と、与える恋。
覚えているでしょうか?

このページではじめて、
私のサイトを訪れてくれた方や、
求める恋と、与える恋の記事を
読まれていない方の為に補足させて頂きますが、

 

求める恋とは、

“○○して欲しい”という欲求が原動力になる恋で、

与える恋とは、

“○○してあげたい”という欲求が原動力になる恋です。

(ちなみにこちらが説明しているページです
【与える恋・求める恋】別れた彼氏彼女!復縁成功への必須の考え方)

 

 

これを元に考えると、

『ドキドキ感がない』
『だから、好きでない』
『別れよう。』

これは求める恋なのか、与える恋なのか?
どっちの恋だと思いますか?

まあ、こんな聞き方をしているくらいですから、
答えは、おのずと『求める恋』だという事は、
バレバレかと思いますが、、、。

じゃあ、その理由を答えられるでしょうか?

 

 

なぜ、

『ドキドキ感がない』
『だから、好きでない』
『別れよう。』

これが求める恋になるのか?
なぜ、与える恋ではないのか?

時間がある人は、ちょっとだけ、
その理由を考えてみましょう。






どうですか?






なにか思いつきましたか?







では、答えの発表です。

 

なぜ、

『ドキドキ感がない』
『だから、好きでない』
『別れよう。』

これが求める恋になるのか?

 

実はこの問いを紐解くには、
『ドキドキしたいのは誰か?』
これを考える必要があるんですよ。

 

じゃあ、先ほどご覧頂いたメールで
考えていくと、ドキドキしたいのは
誰だと思いますか?

彼ですか?

それとも、相談された女性ですか?









答えは簡単ですよね。

そうです“彼”ですよね。

“彼”がドキドキしない。

 

 

言い換えると、
“彼”がドキドキするような恋がしたい、
“彼”がドキドキ感を味わいたい、
“彼”がドキドキ感を与えてくれる人と一緒にいたい
でも、それを与えて貰えない

だから、別れよう。

彼の頭の中では、意識はできていませんが、
こういった思考が繰り広げられているのです。

 

 

自分がドキドキしたいんですよ。
ドキドキ感を与えて欲しいんです。
でも、そのドキドキ感が貰えない。

くれないから別れる。

これって完全に求める恋ですよね…。

(;ω;`)ヾ(´∀`*)ドンマイ

 

 

では、ここで話を戻しますよ。

『ドキドキすることが、好きな証拠ではない。』

では、何が好きな証拠になるのか?

 

 

 

それは、その人の事を考えるだけで、
心が温かくなることです。

 

 

 

じわーーと、胸が温かくなって、
自然と笑顔になって、世界が明るくなって、
幸せが胸いっぱいに広がって、その幸せな感じが、
全身に広がっていって、

「よし、今日もがんばるぞ!」

って思えて、なぜだか頑張れて、、、

その人の笑顔が見たい、
喜んでいる姿が見たい、
楽しませてあげたい、

そう自然に思えるようになって、
自然と与える恋ができるようになる。

私はそれが、好きという感覚だと思っています。

 

 

 

一緒にいるだけで、ドキドキする。
目が合うだけで、ドキドキする。
手を繋ぐだけで、ドキドキする。
明日、会えると思うだけで、ドキドキする。

確かに、出会い始めや、
付き合い始めはそうだったと思いますし、
それはそれで、悪い事ではありません。

勘違いしてはいけないのは、ドキドキ感自体は
悪いものではないのです。

 

 

 

ただ、ここで私がお伝えしたい事は、

好きという感情は、もっと、

ゆるやかなものだという事です。

 

 

 

本来の好きという感情は、もっとゆるやかで、
じわーーと、全身に広がっていくような
包み込まれるような、

アドレナリンではなく、セロトニン、
テンション系ではなく、癒し系、
瞬発的な楽しさではなく、永続的な楽しさ。

一緒に座っているだけで幸せ。
そこにその人がいるだけで幸せ。
その人が存在していること自体に幸せを感じる。

 

 

付き合いにも段階があるし、
お互いの恋愛レベルによっても、
どの段階からスタートするかは分からないけど、

でも、一般的にドキドキ感から
恋がスタートする場合は多いと思います。

 

 

 

でも、残念ながら、

そのドキドキ感って続かないんですよ…。

 

 

 

そして、それを愛していない証拠にしてしまう人が多い。
「ドキドキしないから、好きではなくなった。
だから、別れましょう。」って、
別れの理由にする人が多いんですよ。

 

 

 

でも、それって、違うでしょーーー。

 

 

 

それじゃあ、一生、テンション系の恋してるの?
一生、ドキドキ感を求めて、
一生、別れて、付き合ってを繰り返していくの?

そういう人生を送りたいのでしたら、
それでもいいですけど、多くの人は、
それを望んでいないと思います。

 

 

 

恐らく、ご相談頂いた方のメールで
登場する彼も、それを望んではないでしょう。
でも、間違っているんですよね。

間違っていることに気が付いていない。

『ドキドキ感がない』
『だから、好きでない』
『別れよう。』

彼はこういった世界の中で生きていますので、
自分が間違った基準をもとに判断していることに
気がつけていないんです。

 

 

じゃあ、教えてあげればいいじゃん!
今、教えてもらった事を彼に
そのまま伝えればいいじゃん!

って思う人もいると思います。

 

 

 

でも、そのまま伝えても、

「はい、分かりました。私は求める恋をしていたんですね。

彼女に対して、ドキドキ感があるかどうかだけでは、

好きかどうかは決めません。」

って、彼がそう考えを変えることはないんですよ。

繰り返しですが、

『ドキドキ感がない』
『だから、好きでない』
『別れよう。』

彼はこの世界観の中で生きていますので、
今、この話を彼にしたところで、
彼の耳には届かないのです。

 

 

 

じゃあ、どうしたらいいの?

諦めるしかないの?

って思いますよね。

 

 

付き合っている状態、
つまり、仲が良い状態だったら、
徐々に伝えていくのはありです。

でも、関係がこじれた状態の場合、
もうやれる事は1つなんですよ。

 

 

それは、今日の話で言えば、
与える恋をしていくことです。

 

 

つまり、こちらが与える恋ができるようになって、
本当の愛に触れさせてあげる事です。
これしかない。

言葉ではなく、触れさせてあげること。
これが大事なんです。

 

 

 

言葉でいくら言っても、
届きません。

でも、本当の愛の空気に触れさせてあげたら、
感じ取るものなんですよ。

 

 

「なんか違う!」「今までの恋愛とは何かが違う!」

「この穏やかな感じは何だ?」

 

 

なぜだか、ドキドキはしないけど、
でも、一緒にいたいと思うし、
愛しいと思っている自分がいる。

こんな感じで、感じ取るものなんです。
だから、もうこちらが変わるしかないんです。

こちらが求める恋をしていては、
話しになりませんし、それでは、
彼を目覚めさせる事はできないからです。

 

 

 

私はこちらの言葉を、よく使います。

『相手を変えようとしてはダメ、
相手を変えたかったら、まずは自分が変わること。
変わった自分を見て、相手の気持ちが変わる。』

 

 

 

出会ったころは、ワクワク、ドキドキ、
楽しいと思いますよ。

私も正直いって、その空間が好きですし、
それはそれで、2人で楽しめばいいと思っていますので、
それを否定するつもりもありません。

でも、それが唯一の愛の形ではありませんし、
ドキドキ感だけが、愛している証拠でもないのです。

 

 

 

ドキドキ感の先に、もっと、

幸せな2人の関係が待っているんですよ。

 

 

 

その関係を作る為には、最低でも、
与える恋ができないといけませんし、
本当の意味での復縁を成功させるにも、
避けて通れない道だと思っています。

 

 

 

最後にですが、
こちらのメールを見てみましょう。

頂いたメール抜粋↓

おはようございます。

最近は自分が落ち着いてきたのか、

彼のことを考える時間も減り

彼のことを好きなのかわからなくなっています。

もちろん、彼女がいると言われると
嫌だと思う気持ちはあるし、一緒に行きたいところ、
見たいと思う映画などはあるのですが
別れてすぐほど、彼の存在を求めていないように思います。

別れてすぐのあのときの自分の感情が
どこに行ったのかわからないし
好きだということを支えにしていたわけではありませんが
好きじゃないかもしれないと思うことが不安です。

悩んでいます。

どうですか?

このメールは、実際に復縁したい人から
送られてきたメールを抜粋したものですが、

先ほどのメールとは逆で、復縁したい側である女性が、
元彼を好きなのかどうか、分からなくなってしまった。
という内容が書かれていると思います。

もし、この方と同じような悩みを抱えることがあったなら、
まずは、自分が求める恋をしてしまっているかチェックして、
その上で、以下の事を試してみて下さい。

 

 

『元彼(元カノ)と一緒にいる場面を想像して、

心がじわーーと、温かくなるかどうかを

確かめる。元彼(元カノ)の笑顔を想像して、

心がホッコリするかどうかを

確かめる。』

もしするのであれば、
それは愛している証拠だと思いますよ。

ただし、求める恋をしているうちは、
正しく判断できない事も多いですので、
ホッコリや、じわーとしないからといって
愛していないとは限りませんので、
その点だけは、ご注意下さいね。

では、また別のページでお会いしましょう。

復縁ドッグ

 

この記事を読んでいる人は以下のカテゴリー記事も読んでいます。

復縁ドッグによる全10回の復縁メール講座
復縁失敗体験から学ぶ復縁講座
復縁活動中の方からの疑問を解決
復縁ドッグによる復縁基礎講座
復縁マニュアルレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 小松
    • 2017年 3月31日

    自分は
    好きか嫌いかと言われれば好きだが、好きか好きじゃないかと言われれば、好きではないと別れ際に言われました。

    その時の、彼女の好きとは与える恋なのか求める恋なのかは分かりません。愛情なのかさえも。

    一方で、自分の気持ちを見つめ直しました。復縁活動をしていくうちに、好きとはなんなのか、愛とはなんなのかを考えるようになりました。

    自分は本当に彼女が好きなのか、そう思いたいだけなのではないかと。

    この記事を見て答えが出ました。
    彼女が今、新しい彼氏とどんな思いで付き合っているかは分かりません。

    ただ自分のこの気持ちが例え一方的だとしても、本物だと分かって、これなら前に進めると思えました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:復縁ドッグ


恋愛レベルの向上なしに復縁はできない!

恋愛レベルの向上なしに夫婦の絆は作れない!

をモットーに、当サイトは運営されています。


1年2ヵ月の歳月を費やし、

自力で復縁に成功した復縁ドッグは

現在、復縁した彼女と結婚し

幸せな家庭を築いています。



→復縁ドッグによる前10回復縁メール講座



→復縁ドッグの10年以上に渡る復縁日記



→復縁に欠かせない基礎知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

復縁マニュアルランキング





このブログが役に立った人はワンポチお願いします(‘◇’)ゞ

youtube動画一覧