復縁体験談!彼女と別れた後のクリスマス※勇気が出るエピソード

この記事は9分で読めます

メリ~クリスマ~ス♪

(*´ω`)o【★メ☆リ★ク☆リ★】o(´ω`*)

 

って、復縁活動中の人にとって、

これほど、辛い日はありませんよね。

 

私も愛にフラレ、復縁へ向けて頑張っていましたが、

それも叶わずに、辛いクリスマスを過ごしました。

 

今日は、そんな方に向けて、

復縁ドッグが、どのようにクリスマスを乗り切ったのか?

悲しいけど、くだらないエピソードを、お話していきます。

 

当時を、思い出しながら書きましたので、

少しでも、あなたの気持ちが楽になれば、幸いです。

 

でも、本当にくだらないですので、期待しないでくださいね。

では、見ていきましょう。

は~・・・。

 

今日は、クリスマスイブ。

 

予定は全くないにもかかわらず、バイトも強引に休みを取ってみた。

予定はないけど、働く気力はない。

 

(社会人の方、当時の復縁ドッグはヘタレですみません)

 

街に繰り出しても、クリスマスのイルミネーションの中、

楽しそうに、手をつないで歩いているカップルを見るだけなので、

行く気もしない。

 

そんな、世間の幸せそうな光景から逃げるように、

家に引きこもっていた。

 

 

 

でも、一人で家にいるのは辛すぎる。

 

 

 

 

頭に浮かぶのは、元カノ“愛”のことばかり。

今頃、新しい彼氏と一緒に、楽しいクリスマスイブを

過ごしているのだろうか?

 

 

 

 

昨年までのクリスマスを思い出す。

当時の復縁ドッグは、実家に住んでいたので、

誕生日などの記念日には、いつも、決まったラブホテルに宿泊する。

 

ラブホといっても、高級ホテルのような作りをしており、

いやらしい感じは、全くしないので、愛も気に入っていた。

 

クリスマスイブも、いつものラブホで過ごすことになっている。

 

大量のお菓子や、お酒、弁当などを買い込んで、

早目のチェックインをするのが、お決まりのパターンだった。

 

クリスマスイブは、大人気なので、

早くしないと、満室になってしまうからだ。

 

もう、何年もそんなクリスマスイブを過ごしてきた。

 

 

 

 

 

「昨年までは、幸せだったな・・・。」

 

 

 

 

 

そんなことを思い出していたが、一人で過ごす

クリスマスイブに、愛と別れてしまった現実を、突きつけられているようだった。

 

「気になる人ができたんだけど・・・。」

 

言いづらそうに、そう別れを切り出した、愛の顔がちらついて、

ため息が止まらない。

 

自然と、携帯に手が伸びるが、彼氏と一緒にいたら

と思うと、メールを送ることはできなかった。

 

 

 

時刻は、夕方を過ぎていた。

夜になれば、なるほど、苦しさが増していく。

 

今まで、自分達が過ごしてきた、クリスマスイブを

愛が、他の男と過ごしているかもしれないと、考えるだけでも

胸が張り裂けそうだった。

 

 

 

 

 

「何で、こうなっちゃったんだろう。」

「何で、今、一人でいるんだろう。」

「今頃、愛は彼氏と一緒なのだろうか?」

「今日、一人で、この孤独に耐えるしかないのか。」

「こんなクリスマスが、一生続くと思うと、耐えられそうにない。」

 

 

 

 

こんな考えが、頭を駆け巡る。

テレビをつけると、クリスマスの特番ばかりやっていて、

余計に、寂しさがつのるだけ。

 

このままでは、孤独に押しつぶされてしまう。

 

 

 

 

 

 

そう思った、復縁ドッグは地元の友人たちに、

電話をかけまくった。

 

もちろん、彼女のいるヤツは、除外した。

 

その結果、同じように、クリスマスに彼女がいない友人、

“真司”と“隆史”がつかまった。

 

 

 

 

孤独から逃れるために、友人2人と合流した。

 

ただ・・・。

 

男3人、クリスマスイブに集まったところで、

何もすることもない。

 

カラオケも虚しすぎる。

居酒屋へ行っても、カップルがいるだろう。

クリスマスに男3人で、行っても悪酔いするだけだ。

 

時刻は、夜の8時をまわっている。

 

 

 

 

 

苦し紛れに、誰が言い出したかは、忘れてしまったが、

突然、こういう話になった。

 

 

「温泉に行こう!」

 

 

復縁ドッグの地元は、埼玉県。

 

関越自動車道に乗れば、伊香保へは、

数時間で着くことができる。

 

ちなみに、伊香保は群馬県にある、温泉街である。

 

 

 

 

 

 

男3人の意見はまとまった。

 

宿泊する気はない。

温泉に浸かって、心と体の疲れを癒すだけだ。

 

こういう時の、行動力は半端ではない。

 

 

 

 

私たち3人は、すぐさま車に乗り込み、伊香保を目指した。

 

 

 

 

先ほどとは、打って変わって気持ちが安らいでいた。

 

ちょっとした旅行気分に浸っており、現実離れした今の空気に、

今日が、クリスマスだということを、忘れさせてくれた。

 

 

 

 

 

 

なぜだか、男3人、テンションが高かった。

 

空元気だったのかもしれないが、

空元気でも、元気がないよりはいい。

 

そのテンションのまま、伊香保へ到着。

 

温泉街なので、夜でも活気があるのかと思った。

しかし、思った以上に、静かだった。

 

 

 

 

 

 

今にして思えば、当然である。

だって、到着したのは夜11時になるところだった。

 

 

 

 

 

そんなこととは、露知らず、

早速、温泉に入ろうと、めぼしい旅館やホテルに入ってみた。

 

 

復縁ドッグ

「すみませ~ん。」

 

 

もう少し、お客さんを出迎える

対応をしているかと思って、ホテルに入ったのだが、

ひとけがない。

 

フロントのベルのようなものを鳴らして

従業員さんを、呼び出す。

 

 

 

 

 

チ~~~~ン。

 

 

 

 

 

静かなフロントに、ベルの音が鳴り響く。

 

 

 

 

奥から、従業員さんが顔を出す。

 

 

 

 

復縁ドッグ

「すみません、温泉に入りたいのですが。」

 

従業員さん

「申し訳ございません、

日帰りの、入浴の時間は、終わってしまいました。」

 

 

 

マジですか!

 

もしかして、これは・・・。

脳裏に、嫌な予感が走った。

 

 

 

 

 

 

クリスマスの夜。

男3人で、訪れた伊香保。

 

この後、数件の旅館や、ホテルを当たってみましたが、

どこも、はじめのホテルと同じ対応。

 

 

 

時刻は、11時を完全に過ぎていた。

 

 

 

 

今思えば、当然と言えば、当然である。

どのホテルや旅館も、日帰り客の入浴時間は、決められている。

入浴時間は、とっくに、過ぎていたのである。

 

 

今だったら、24時間営業のホテルや旅館があるかもしれないが、

当時は、そんなシステムがあるわけでもなく、どのホテルや旅館も

営業時間が、終わっていたのだ。

 

 

 

 

 

隆史

「このままじゃ、帰れないでしょう。」

 

真司

「確かに、このままじゃ、何しに来たのかわからん。」

 

復縁ドッグ

「でも、どうすんのよ?」

 

 

 

 

 

 

だが、時間だけはどうすることもできなかった。

宿泊できるお金もない。

 

体は冷え切っていたが、最後の望みをかけて、

私たち3人は、目の前にある、大きなホテルに入った。

 

 

 

 

復縁ドッグ

「温泉入りたいんですけど・・・。」

 

従業員

「すみません、入浴時間は終わってしまいました。」

 

 

 

もうダメだ。

そう思って諦めた時、隆史に異変が起きました。

 

 

 

 

隆史

「腹、イテーーーー!!」

「すみません、トイレどこにありますか。」

 

従業員さん

「エレベーターの右奥にございます。」

 

 

 

 

隆史は、トイレに駆け込んだ。

 

 

 

 

 

 

数分後、隆史が用を済ませて、出てきた。

 

 

 

 

 

隆史

「さあ、用も済んだことですし、帰りますか?」

 

真司&復縁ドッグ

「そうしよう。」

 

男3人、クリスマスの旅。

 

所要時間→約5時間

交通費→約5000円+ガソリン代

 

これだけの時間と交通費をかけた、男3人クリスマスの旅。

隆史が伊香保に、う○○をしただけで終わった。

 

これでは、完全に罰ゲームである。

神様も、粋なことをしなさる。

 

 

 

 

 

クリスマスの日に、幸が薄そうな男3人が温泉を求めてやってきた。

 

せめて、温泉にだけでも浸らせて、荒れた心と、

心底、冷え切った体を、癒させてもらいたかった。

 

だが、現実とはこんなものである。

 

 

 

 

 

 

帰りの車の中は、冷静だった。

 

復縁ドッグ

「今度、来るときは昼間にしよう。」

 

隆史&真司

「そうしよう。」

 

こうして、当たり前の教訓を得て、男3人クリスマスの旅は終了した。

 

 

 

 

 

こんなくだらない文章、ここまで、読んでいただいて、

ありがとうございます。

(嬉´▽`)ノぁ?ヵ゛㌧

 

ありのままを書きましたので、大したオチではなかったと思いますが、

復縁ドッグにとっては、今思い返せば、あれは、あれで、印象深かった

クリスマスの思い出です。

 

 

今回は、こんなくだらない、クリスマスのエピソードでしたが、

復縁ドッグが言いたかったことは、

 

辛いクリスマスを送っているのは、

“あなただけではない”ということです。

 

そして、こんな虚しいクリスマスを送った、

復縁ドッグですら、この後、愛とも復縁に成功できましたし、

その後、再び、幸せなクリスマスを送ることもできました。

 

今が全てでは、ないということなんです。

(。?????。 )ウルウル

 

 

 

 

 

ちゃんと、未来はありますし、

その未来は、自分の力で変えることができるんです。

 

落ち込む気持ちも分かります。

苦しい胸のうちも分かります。

 

でも、正しい努力は、ちゃんと報われる日がきますよ。

復縁ドッグに訪れたように、あなたにも必ず訪れるのです。

 

鏡で自分の顔を見てください。

 

その顔を、笑顔にするのも自分。

来年も、同じ顔をするのも、自分なんです。

 

だから、前を向いて歩いていきましょう。

ガンバ!p( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)qガンバ!

 

 

 

 

 

それもう一つ。

今しかおくれないクリスマスもあります。

 

 

 

 

 

 

復縁ドッグ、真司、隆史の、男3人クリスマスの旅。

 

当時は、「くだらないな~、虚しいな~」なんて思っていましたが、

こんなくだらないことでも、今では、できないことなんです。

 

 

 

隆史は結婚し、子供も2人います。

クリスマスは、家族で一緒に過ごしているでしょう。

 

真司は、音楽関係の仕事につくのが、昔からの夢でした。

その夢が叶い、今ではイベント会社で働いていますので、クリスマスなんかは

かき入れ時の、大忙しです。

 

復縁ドッグといったら、愛と復縁し結婚しています。

当然、毎年、愛とのクリスマスを送っています。

 

 

 

今となっては、あんな時間を無限に使えることはありませんので、

男3人、あの時と同じ旅は、3人が引退でもしない限り、できないでしょう。

 

 

 

それだけに、復縁ドッグの中では、楽しい思い出に変わっています。

 

 

 

 

もう一度言います。

今しかおくれない、クリスマスもあります。

 

復縁ドッグは、あの時、何も行動をしなければ、

一人で孤独なクリスマスをおくる、未来もありました。

 

でも、友人たちに電話をし、2人と合流したので、

あんな素敵?な思い出を作ることができました。

 

 

 

 

今からでも遅くはありませんので、今年のクリスマス、

何か思い出に残ることをしてみては、いかがでしょうか?

 

行動力も、復縁には大事な要素です。

 

 

 

このページを読んだ人の心が、少しでも軽くなれると思います。

 

 

復縁ドッグ

 

 

 

 

最後に、男3人クリスマスの旅、後日談をお送りします。

 

どうしても温泉に入りたかった我ら3人は、

家の近にある、さびれた温泉センターへ向かいました。

 

最後の望みをかけて、訪れた温泉センターは、今で言えば

スーパー銭湯の、走りのようなものです。

 

 

 

ここがダメなら、素直に帰ろう。

そう思いながら、到着した3人。

 

最後に、神様は微笑んだようです。

 

クリスマスということもあって、なぜだか24時間営業をしていました。

 

 

 

 

3人

「念願の温泉だ~。」

 

 

 

 

家から20分程度で着いた、温泉センターでしたが、

なぜだか、不思議と、今までの苦労が、報われた気分でした。

 

事実、何時間もかけて、伊香保経由で、遠回りして、

ようやく到着した、我ら3人の温泉です。

 

存分に味わった後、仮眠室で睡眠を取り、朝方、

それぞれの家に帰りましたとさ。

 

めでたし、めでたし。

 

 

 

 

さあ、凹んでないで、今年しかできない、

思い出に残る、クリスマスにしましょう。

 

今年のクリスマスは、もう二度と戻ってきません。

 

友達と一緒じゃなくたっていいんです。

家で、一人で楽しんだっていいんです。

 

 

今しかできない、クリスマスを過ごしましょうね。

 

復縁ドッグ

 

この記事を読んでいる人は以下のカテゴリー記事も読んでいます。

1年2カ月復縁ドッグ復縁体験談
復縁ドッグスカイプセミナー
復縁ドッグによる復縁基礎講座
復縁結婚カップル対談
復縁活動中の方からの疑問を解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:復縁ドッグ


恋愛レベルの向上なしに復縁はできない!

恋愛レベルの向上なしに夫婦の絆は作れない!

をモットーに、当サイトは運営されています。


1年2ヵ月の歳月を費やし、

自力で復縁に成功した復縁ドッグは

現在、復縁した彼女と結婚し

幸せな家庭を築いています。



→復縁ドッグによる前10回復縁メール講座



→復縁ドッグの10年以上に渡る復縁日記



→復縁に欠かせない基礎知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

復縁オンライン講座





このブログが役に立った人はワンポチお願いします(‘◇’)ゞ

youtube動画一覧