ディズニーで学ぶ復縁心理学!復縁を引き寄せるサービスとおもてなし

この記事は4分で読めます

こんにちは、復縁ドッグです。今日は、ディズニーの本を読んでいたら、

これは、復縁と大いに関係あるな!と思ったことがあったので、

お伝えしなくては…。と思い、この記事を書いています。

 

ディズニーが考える『おもてなしとサービスの違い』

について、復縁、未練と絡めて考えていきたいと思います。

では、はじめていきましょう。

 

シリーズ化されている、あるディズニーの本を読んでいたら、

こんなことが書かれていました。

 

ディズニーの本より抜粋↓

ディズニーの考える、おもてなしとは、『表なし』と言う意味で、

表と裏があるものではなく、ゲストに気づかれないように、

気遣うのが、おもてなしと考えている。

 

例えば、ディズニー内にある、ラーメン屋

チャイナボイジャー。

 

こちらですね↓

1w01

 

このお店は、人気があり混雑している為、

座席が空いていないことが、多い状態だったようです。

 

1w02

 

これでは、ゲストがラーメンを食べるまでに、麺が伸びてしまう恐れがある。

そう考えたディズニーが取った行動が、おもてなしを実践したものだったのです。

 

まず、ディズニーは、ラーメンを購入してから、席が空いてゲストが

実際にラーメンを食べられるまでの時間を考え、それに合わせた

伸びづらい麺を開発しました。

 

1w03

 

それに加えて、ゲストがラーメンを購入し、

食べるまでの時間を計算に入れて、ゆで上げる時間を調整し、

普通のラーメン屋で出される麺よりも、固めの麺で仕上げているのです。

 

席が空く時間も計算に入れて、固めに麺をゆでて、伸びづらい麺を敢えて開発したのは

なによりも、一番おいしい状態で、ラーメンを食べて欲しいという

ディズニー流、おもてなし精神の表れなのです。

 

だって、誰も気が付きませんよね。

 

 

相当なラーメン通なら、こんなに時間が空いてしまったら、

麺が伸びてしまっているだろうな…。

と思って食べますので、なぜ、麺が伸びていないんだ?

そんな疑問の元、ディズニーの並々ならぬ、おもてなしの精神

気が付くかもしれません。

 

ですが、一般客はそんなこと考えもしないでしょう。

 

ラーメンを食べながら、

次は、どのアトラクションの乗ろうか?

パレードは何時からなのか?

いつ、お土産を買おうか?

 

そんなことを話し合っているでしょう。

 

1w04

 

 

ほとんどの人が、こういったディズニーの努力は感じられないかもしれません。

ですが、ディズニーはそれでいいと思っています

 

逆に、努力を感じさせてはいけないのです。

 

 

ココは夢の国。

夢の国では、誰もが最高の思い出を作ってもらいたい。

みんなに楽しんで帰ってもらいたい。

 

1w05

 

だから、不快な思いをして欲しくない。

ラーメン1つで、席が空いていなくて、麺が伸びてしまったという、

嫌な思い出は作って欲しくない。

 

ディズニーでは伸びたラーメンは食べて欲しくない。

 

それをゲストが回避できたなら、それでだけで十分。

ディズニーとしては、麺のゆで時間、麺自体の改良などに関しては、

ゲストが気づかなくても、良い部分なのです。

 

 

これが、おもてなしなのです。

 

 

一方、サービスとは、

相手に気が付かれることを前提に行っているものです。

 

例えば、ホテルに入ったら、荷物を運んでくれるとか、

施設を丁寧に案内してくれるとか、サービスをしている人自体が目に見え、

相手を気遣っていることが、相手に伝わるものです。

 

お店に入って、「いらっしゃいませーー」と、

明るく、声をかけられるのも同じですね。

 

1w06

 

ここで言いたいことは、サービス自体が悪いという訳ではなく、

復縁を考えるうえでは、サービス精神では、問題になると言いたいのです。

 

なぜ、サービス精神は復縁では問題になるのか?

あなたは、考えたことがありますか?

 

 

たぶん、多くの人は考えていないでしょう。

そして、ほとんどの人は、元カレ元カノへは、おもてなしではなく、

サービスをしてしまっていると思います。

では、少し考えてみて下さい。
なぜ、サービス精神は復縁では問題になるのか?

いいですか?

考えない子は、伸びませんよ。

ここで、一旦止まって、答えを出してから進んで下さい。

では、答えを発表していきます。
なぜなら、元カレ元カノは警戒しているからです。
意味が分かりますか?

 

多くの人は、別れ際、別れた後、元カレ元カノに一度は、未練と共に復縁を迫っていますよね。

私はそうだったのですが、たぶん、多くの人は、

一度ではなく、何度も未練があるので、復縁を迫っていると思います。

だから、元カレ元カノは、自分への好意が向けられてしまうと、また、復縁を迫られる。

そういった警戒心を持っているのです。

 

そんな中、未練が見えるサービスをしてしまったら

どう思われるのか…。

 

 

想像しただけで、結果は分かりますよね。

未練が見えた途端、余計に、警戒心を強めてしまい、

元カレ元カノは、あなたと接触をしたくなくなるでしょう。

 

 

だから、復縁の場合は未練のあるサービスではいけないのです。

サービスよりも、おもてなしが必要なのです。

 

 

 

uiby

サービスでは、サービスの対価として、

見返りを求めてしまいます。

当然、復縁したいから、未練があるから元カレ元カノへ

アプローチはするのですが、それでは、良かれと思って

行動したにもかかわらず、相手の警戒心を強めてしまう

といった、悲しい結果しか生み出さないのです。

 

おもてなしは、見返りを求めず、楽しんで欲しいとか、

最高の思い出を作って欲しいとか、そういった相手主体の考えの元、

元カレ元カノを喜ばそうとすることを、第一に考えて、行動したものです。

 

ディズニーのように、気が付かれないかもしれないけど、

元カレ元カノを不快に思わせたくない、もっと、快適に過ごして欲しい。

そういった、見返りのない行動が、おもてなしなのです。

 

そして、今のあなたには、おもてなしの精神が必要です。

 

 

復縁したいから、未練があるから、

元カレ元カノに良く思われたいから、

それは、ダメなのです。

 

 

ここで挙げたラーメンの例は、氷山の一角であって、

ディズニーではありとあらゆるところで、おもてなし精神が宿っています。

だからこそ、ディズニーは、90%以上のリピーター率を誇っているのです。

みなディズニーを愛しているのも、納得ですよね。

 

1w07

あなたもディズニーを見習って、

おもてなし精神の元、行動していって欲しいと思います。

 

復縁ドッグ

この記事を読んでいる人は以下のカテゴリー記事も読んでいます。

1年2カ月復縁ドッグ復縁体験談
復縁まで13日間!復縁体験談
復縁失敗体験から学ぶ復縁講座
復縁活動中の方からの疑問を解決
おすすめ復縁マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:復縁ドッグ


恋愛レベルの向上なしに復縁はできない!

恋愛レベルの向上なしに夫婦の絆は作れない!

をモットーに、当サイトは運営されています。


1年2ヵ月の歳月を費やし、

自力で復縁に成功した復縁ドッグは

現在、復縁した彼女と結婚し

幸せな家庭を築いています。



→復縁ドッグによる前10回復縁メール講座



→復縁ドッグの10年以上に渡る復縁日記



→復縁に欠かせない基礎知識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

復縁オンライン講座





このブログが役に立った人はワンポチお願いします(‘◇’)ゞ

youtube動画一覧